切手と買取と時々紹介

切手趣味週間は切手買取でも需要があります

切手買取でも人気!切手趣味週間とは?

日本で人気が高く、有名なプレミア切手「見返り美人」や「月に雁」切手、他にも市川海老蔵やまりつき切手なども、切手趣味週間シリーズの一環として発行された非常に有名な切手です。昭和の時代に切手ブームが起こった際、特に見返り美人と月に雁は人気が高く、切手買取における価値も非常に高値がついていたものでした。現在でも見返り美人や月に雁の切手は需要が高く、切手買取に出しても1枚3000円程度の買取価格がつく可能性が高いです。

ですが、そもそも切手趣味週間とはどういったものなのでしょう。実は切手趣味週間は、切手の収集や郵趣を更に高めるために設定された週間で、切手愛好のために作られたといっても過言ではないのです。切手趣味週間は、日本における郵政記念日の4月20日を含め1週間に設定されており、一旦は中止の期間を挟んだものの、ほぼ毎年切手趣味週間シリーズの切手が発行されています。切手趣味週間が始まったのは1947年からで、第一回目は有名な浮世絵師「葛飾北斎」が描いた山下白雨を図柄とした切手が発行されました。有名な見返り美人切手が発行されたのはその1年後の1948年で、当時の切手からは想像もつかないような異例の特大サイズでの発行となりました。その大きさと図柄の美しさからたちまち話題になり、見返り美人を貼って出した手紙は途中で切手が剥がされてしまい、相手に届かないといった噂も出るほどでした。菅良は菱川師宣の浮世絵「見返り美人」で、今や日本の記念切手で最も有名だと言っても良いでしょう。あまりの人気ぶりに、1991年には郵便創業120年を記念して見返り美人の復刻切手が発売されたほどです。1949年に発行された「月に雁」も同じサイズで発行され、ともに人気が高い切手となっています。

切手趣味週間には、どちらかといえば日本の良さを再確認させるような美しい浮世絵や絵画が図柄として採用されていることが多いです。他にも伊藤若冲や写楽、鳥居清長作の絵などが切手趣味週間に採用されており、まさに小さな絵画という表現がぴったりでしょう。

Copyright © 2018 切手と買取と時々紹介 All Right Reserved